top of page
  • 執筆者の写真隼人 仲宗根

労働基準法の基礎知識③ 労働者の人権擁護

更新日:3月20日

 労働基準法の一部には、罰則を伴う強行規定があります。強行規定とは、当事者間の合意の如何を問わずに適用される規定をいいます。労働基準法のうち、最も重い罰則が規定されているのは、「強制労働の禁止」です。これに違反した使用者は、1年以上10年以下の懲役または20万円以上300万円以下の罰金が科せられます。日本国憲法第18条は、「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰を除いては、その意に反する苦役に服させられない。」と定められています。労働基準法第5条は、憲法の要請を受けたものです。


 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはならない(法第5条)とされています。脅迫には、必ずしも積極的な言動によって示す必要はなく、暗示する程度でも足ります。また、事実上の労働関係が存在している場合であれば、この規定の違反になります。雇用契約書が締結されていないから、とか、社会保険や雇用保険に加入していないから、労働関係にないということは認められず、実態として労働関係があればこの規定の対象になります。


 例えば、借金や強制貯蓄など、金銭的経済的事情を理由に本人の意思に反して労働させる場合などです。強い言葉で脅してはいないとしても、労働者の個人的事情や背景などを逆手にとって、暗に働かざるを得ないような発言をして精神的に追い込み、結果として本人の意思に反して労働させていた場合などには、強制労働に該当する可能性があるということです。

 

 また、「労働者の意思に反して労働させる」とは、不当な手段によって労働者の意思を抑圧して労働を強要することを指します。即ち、労働者が現実に労働することを要しません。肉体的に実働させていないとしても、労働を強要した時点で労働基準法第5条の違反が成立します。

最新記事

すべて表示

労働基準法の基礎知識⑭ 労働時間(2)

労働者が就労する中で、その行為が労働時間に該当するか、否かの判断は難しいことがあり得ます。労働することに対して関係法令の様々な規制が課され、使用者は賃金や割増賃金の支払い義務を負うことになりますから、労働時間の該当性判断はとても重要です。 労働時間について定める労働基準法32条は、「使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。」と規定しています。この「労

労働基準法の基礎知識⑬ 労働時間(1)

労働基準法では、労働時間に関する規定が定められていますが、特に労働時間の長さに関する規定が多くなっています。例えば、使用者が労働時間を延長した場合、延長された労働時間について割増賃金の支払うことを定めています。1日又は1週間を原則的単位として法定労働時間を定め、この法定労働時間を超える労働は原則として禁止されています。一般的に、この法定労働時間を超えて労働させることは広く行われていますが、あくまで

労働基準法の基礎知識⑫ 休業手当

事業経営上の理由など、使用者側の一方的な都合による休業によって、労働者が休業せざるを得ない状況になった場合、労働者の生活を保障する観点から、使用者に「休業手当」の支払い義務が生じることがあります。 労災保険では、労働者が業務や通勤に起因する傷病等で休業した場合、保険者(国)から休業補償が支払われます。労働者が休業した場合の生活保障という趣旨では共通する点があります。労災保険の場合は保険者である国か

Comentarios


bottom of page