top of page
  • 執筆者の写真隼人 仲宗根

労働基準法の基礎知識⑥ 労働契約の規制(3)

 社員が個人的な事情によって、会社から金銭の借り入れを希望することがあります。会社は、これに応じて貸し付けることは問題ではありませんが、労使間における金銭貸借関係については、一部規制があります。「前借金相殺の禁止」です。


 労働者の身分拘束を防止するため、使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸しの債権と賃金を相殺してはならないとされています。社員にお金を貸し付け、返済する代わりに労働させることはできません。


 一般的に、社員が経済的な事情によって会社から賃金を前借することはありえます。社員の希望で、翌月の賃金から前借分を差し引くことがありますが、これは「前借金相殺の禁止」の規定に違反するものではありません。ポイントは、「労働者の自己の意思、希望に応じて、前借分を控除することは問題ない」ということです。


 会社の都合でお金を貸付けて労働を強いることや、転職を防ぐことを目的としてお金を貸し付けるなど、実態として労働者の身分拘束につながることが違法になります。実態として違法状態につながることのないよう、社員の意思による借入申し入れの書面を保管したり、会社に債務がある状態でも転職は自由であること、退職後の返済計画や誓約書の取り交わしなど、労使間における金銭貸借関係は、慎重かつ適切な管理が必要です。

最新記事

すべて表示

労働基準法の基礎知識⑭ 労働時間(2)

労働者が就労する中で、その行為が労働時間に該当するか、否かの判断は難しいことがあり得ます。労働することに対して関係法令の様々な規制が課され、使用者は賃金や割増賃金の支払い義務を負うことになりますから、労働時間の該当性判断はとても重要です。 労働時間について定める労働基準法32条は、「使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。」と規定しています。この「労

労働基準法の基礎知識⑬ 労働時間(1)

労働基準法では、労働時間に関する規定が定められていますが、特に労働時間の長さに関する規定が多くなっています。例えば、使用者が労働時間を延長した場合、延長された労働時間について割増賃金の支払うことを定めています。1日又は1週間を原則的単位として法定労働時間を定め、この法定労働時間を超える労働は原則として禁止されています。一般的に、この法定労働時間を超えて労働させることは広く行われていますが、あくまで

労働基準法の基礎知識⑫ 休業手当

事業経営上の理由など、使用者側の一方的な都合による休業によって、労働者が休業せざるを得ない状況になった場合、労働者の生活を保障する観点から、使用者に「休業手当」の支払い義務が生じることがあります。 労災保険では、労働者が業務や通勤に起因する傷病等で休業した場合、保険者(国)から休業補償が支払われます。労働者が休業した場合の生活保障という趣旨では共通する点があります。労災保険の場合は保険者である国か

Comments


bottom of page