top of page
  • 執筆者の写真隼人 仲宗根

健康保険法② 適用事業所

 健康保険法は、労働者を雇用する事業であれば全て適用されるものではなく、以下の一定範囲に決まっています。強制適用事業所といいます。


 ①国、地方公共団体又は法人の事業所であって、常時従業員を使用するもの

 ②個人経営の事業所で、常時5人以上の従業員を使用する法定業種に該当するもの


 株式会社や合同会社、一般社団法人など、法人であれば従業員数に関わらず強制適用です。従業員がおらず、役員のみの場合であっても、役員報酬を受けている場合には強制適用になります。報酬額は、いくら以上という基準はありませんので、例えば役員報酬5万円などの低額であったとしても、被保険になります。


 これに対して、個人事業の場合は人数と業種によって適用の線引きがなされます。「5人」のカウントには、フルタイムのほか、パート・アルバイトであって、週所定労働時間がフルタイムの4分の3以上の者を含みます。なお、事業主は含まれません。

 例えば、事業主、フルタイム2名、週所定労働時間30時間未満のパート3名の場合、適用事業とはなりません。この場合、週30時間未満のパートスタッフが5名や10名になったとしても、適用事業所にはなりません。

 フルタイム社員が5名以上になったり、週所定労働時間が30時間以上のパートスタッフを加えて5名以上になると、強制適用事業になります。但し、事業主は被保険者にはなりません。個人事業主は自ら国保に加入し、従業員は社会保険に加入させ、保険料の2分の1を事業主が負担するということになります。個人事業が適用事業になると、事業主にとってはやや負担が大きくなります。


 次に、法定業種についてです。以下の業種が法定業種として定められています。

①製造業

②鉱業

③電気ガス業

④運送業

⑤貨物積卸し業

⑥物品販売業

⑦金融保険業

⑧保管賃貸業

⑨媒体斡旋業

⑩集金案内広告業

⑪清掃業

⑫土木建築業

⑬教育研究調査業

⑭医療事業

⑮通信報道業

⑯社会福祉事業

⑰士業(弁護士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、弁理士、公証人、海事代理士)


 以上に該当しない個人事業は、5人以上雇用していても社会保険の加入義務は生じません。主な業種として、以下の業種があげられます。

①農林水産業

②旅館、飲食店、接客業、理容業等のサービス業

③自由業

④宗教業


 なお、事業主については国籍の要件がありませんので、外国人が経営する事業であっても、当該事業が強制適用事業の要件に該当する場合は適用事業となり、その従業員は国籍に関わらず被保険者になります。

最新記事

すべて表示

健康保険法⑥ 被扶養者

健康保険から保険給付を受けることができるのは、被保険者だけではありません。その者によって生計を維持されている被扶養者にも同様に保険給付がなされます。 被扶養者の範囲は、大きく分けて2つのグループに分かれます。 ①主として被保険者によって生計を維持していればよい者 ②主として被保険者によって生計を維持し、かつ、その者と同一世帯に属している者 「主として被保険者によって生計を維持」とは、被保険者の得る

健康保険法⑤ 適用除外

適用事業所に使用される者でも、被保険者対象外になる場合があります。以下の者は適用除外されますが、その者の雇用の状況や雇用契約によっては、被保険者となる場合があります。 ①日々雇い入れられる者 →1ヶ月を超えて引き続き使用されることとなった場合、そのときから被保険者となる ②2か月以内の期間を定めて使用される者 →就業規則、雇用契約書等において、その契約が「更新される旨」、または 「更新 される場合

健康保険法④ 被保険者(1)

健康保険の適用事業所に使用される者であって、適用除外者以外は被保険者の資格を取得します。「使用される」とは、雇用契約締結の有無にかかわらず、事実上の使用関係があれば足ります。なお、法人の役員は報酬を得ている場合被保険者の資格を取得します。これに対して、個人事業の経営者は被保険者の資格を取得することができません。 一般的にいわれる実習や見習社員、試用期間であっても、事実上の就職と解される場合は被保険

Comments


bottom of page