top of page
  • 執筆者の写真隼人 仲宗根

健康保険法① 健康保険とは

更新日:2023年12月20日

 病気や負傷の療養など、人が生活を送るうえで医療を受ける必要が生じることがありえます。多額の医療費を全て自己で賄うことは難しいことが一般的です。このような出費に備え、会社員や自営業者が保険料を出し合い、同時に事業主も負担して、いざというときにこれらの保険料を原資として給付を行い、生活の安定を図る目的で作られたのが社会保険です。


 狭義の社会保険には、医療保険と年金保険に区別されます。さらに医療保険は、会社員が加入する健康保険、船員保険、共済保険があります。自営業者は、国民健康保険に加入します。一方年金保険は、会社員が加入する厚生年金保険、全国民が対象になる国民年金があります。

 

 大ざっぱに言うと、会社員になると、医療を受診するための保険、将来の年金を受給するための年金を同時に加入することになります。制度上は二つの保険に加入することになりますが、一部例外を除いて手続きは一回で済みます。なお、75歳以上の後期高齢者は、健康保険制度や国民健康保険制度からではなく、独立した医療制度である後期高齢者医療から医療給付を受けます。


 労務管理の実務上、社会保険の取得や喪失、給付の手続きは、労働者やその家族の生活に直結する重要な手続きです。被保険者の対象者、扶養者の要件、負傷や出産などで休業した場合の給付、年金受給者の取り扱いなど、社会保険の手続きは非常に複雑になります。基本的に、事業所からの申告によって保険料の決定や給付の手続きがなされますので、社保に加入すると自動的に国や保険者から給付がなされるものではありません。近年はオンライン化が進み、様々な手続きがウェブ上で行えるようになりました。とはいえ、提出先が窓口からウェブへ、紙から電子データへと申請の手段が便利に変わっただけで、法令や基準そのものが変わった訳ではありません。誤った申請をすれば誤った結果になります。


 AI時代の到来はもう目の前で、あらゆる公的申請手続きがスマホを通して、片手と指先で完結する時代になるのでしょう。しかし、出産といった人生の一大イベントや、負傷などのアクシデントに直面したとき、社員をサポートしてきた経験豊富な人や、法令に精通した人が寄り添うことは、いつの時代でも求められるのではないでしょうか。


 社会保険関係法令は、特に改正が多い法令です。医療保険や年金財政は逼迫しているうえ、少子高齢化が急速に進み、我々国民に非常に大きな喫緊の課題となってのしかかっています。被保険者の対象はどんどん広がり、適用事業所も拡大しています。事業主や人事担当者は、社会保険関係法令の基本を理解すると同時に、最新の法改正にも注視しておかなければなりません。

最新記事

すべて表示

健康保険法⑥ 被扶養者

健康保険から保険給付を受けることができるのは、被保険者だけではありません。その者によって生計を維持されている被扶養者にも同様に保険給付がなされます。 被扶養者の範囲は、大きく分けて2つのグループに分かれます。 ①主として被保険者によって生計を維持していればよい者 ②主として被保険者によって生計を維持し、かつ、その者と同一世帯に属している者 「主として被保険者によって生計を維持」とは、被保険者の得る

健康保険法⑤ 適用除外

適用事業所に使用される者でも、被保険者対象外になる場合があります。以下の者は適用除外されますが、その者の雇用の状況や雇用契約によっては、被保険者となる場合があります。 ①日々雇い入れられる者 →1ヶ月を超えて引き続き使用されることとなった場合、そのときから被保険者となる ②2か月以内の期間を定めて使用される者 →就業規則、雇用契約書等において、その契約が「更新される旨」、または 「更新 される場合

健康保険法④ 被保険者(1)

健康保険の適用事業所に使用される者であって、適用除外者以外は被保険者の資格を取得します。「使用される」とは、雇用契約締結の有無にかかわらず、事実上の使用関係があれば足ります。なお、法人の役員は報酬を得ている場合被保険者の資格を取得します。これに対して、個人事業の経営者は被保険者の資格を取得することができません。 一般的にいわれる実習や見習社員、試用期間であっても、事実上の就職と解される場合は被保険

Comments


bottom of page