top of page
  • 執筆者の写真隼人 仲宗根

【助成金情報】キャリアアップ助成金

 キャリアアップ助成金とは、有期契約社員やパートスタッフ、派遣労働者などの非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成するものです。


 目的によってコースが分かれていますが、この助成金で最も多く活用されているのが正社員化支援です。これは、有期雇用社員を正社員化した場合、一人当たり最大80万円が支給されます。


 キャリアアップ助成金の活用には、まずはじめに「キャリアアップ計画」を作成し、提出することから始まります。この計画提出前の取り組みは助成金の対象になりません。計画を提出した後、就業規則等に基づいて正社員化を行います。就業規則に正社員への転換制度に関する規定がない場合、就業規則を改定する必要があります。


 正社員化後、6ヵ月の賃金支払いを行った日の翌日から助成金の支給申請をすることができます。支給申請の期限は、この日から2か月以内です。期限は厳格で、1日でも過ぎると支給申請することはできません。なお、正社員化後、正社員化前と比較して3%以上賃金を増額することが要件になっています。


 現在の正社員化コースは従前より拡充されており、6ヵ月を1期(40万円)として、2期まで支給されます。正社員化後1年で、合計80万円が支給されることになります。


 事業者は、正社員化コースを利用することで、企業は従業員のモチベーション向上や定着率の向上、労働力の安定化などのメリットを享受することが期待されます。また、従業員も安定した雇用やキャリアアップの機会を得ることができ、自己成長や安心感を得ることができます。キャリアアップ助成金は、企業と従業員の両方にとってプラスの効果をもたらす制度であり、雇用の安定化や労働力の質の向上に貢献することが期待されます。

最新記事

すべて表示

【助成金】地域雇用開発助成金(沖縄若年者雇用促進コース)

地域雇用開発助成金の内、沖縄のみに適用されるコースがあります。「沖縄若年者雇用促進コース」です。これは、沖縄県内で事業所の設置・整備に伴い、沖縄県内に居住する35歳未満の求職者を雇用した場合に助成金の支給対象となるものです。先日紹介した(地域雇用開発コース)と共通する要件が多く、同時申請も可能です。 ①計画書の提出 →事業所(施設・設備)の設置・整備およびそれに伴う雇入れを行う前に、「計画書」に必

【助成金情報】キャリアアップ助成金・就業規則の規定例

キャリアアップ助成金の正社員化コースを申請するには、就業規則に基づいて、有期雇用労働者等を正社員化する必要があります。これからこの助成金の活用を考えている事業者の中には、「そもそも就業規則がない」「大昔に作った就業規則がある」「就業規則はあるが、ほぼ見たことがない」という方も少なくありません。ほとんどの雇用関係助成金に共通することですが、就業規則の作成や見直しは非常に重要です。 助成金を活用した労

Comments


bottom of page